WRONG/DIFFERENT “DISCUSSION” 15 10月 2019

"あなたは間違っている。そうではありません。私は正しいです!
あなたの言っていることは受け入れられません。それは単に間違っているからです。"

毎日、討論に関連する議論に遭遇します。
討論とは、問題の反対側にいる2人が互いに、または聴衆を説得しようとする
方法を指します。

ショーペンハウアーの「正しいことの芸術」では、討論の方法論と、攻撃と防御の戦略と戦術について説明しています。
この本が焦点を当てている最も重要なアイデアは、聴衆の心を捉える必要があるということです。

しかしながら、
議論のスキルや戦術は本当に重要ですか?

別の意見は「間違っている」と考えることができますが、
「間違った」意見を受け入れるのは非常に困難です。

ワインを飲みながら彼らと未来について話してみませんか?
一緒に食事をしながら彼らとちょっと話をしてみませんか?
他の人を考えながら会話するのはどうですか?

それらがどのように「間違っている」かを指摘する前に、私たちは違うことを認める必要があります。

私たちが異なるという事実を認めることは、多様性と合理的な判断の受け入れ
を示しています